本文へスキップ

楽しみながら続けていける療育を行っております。

電話でのお問い合わせはTEL.03-6222-9822

〒104-0041 東京都中央区新富2-2-14 2階

会社概要ABOUT US

 会社名 株式会社トリプル・ハート 英語表記 Triple Heart Co.  
 代表 代表取締役 中澤 宏晃 Hiroaki Nakazawa
 資本金  9,800,000円
 事業内容  児童発達支援事業(事業所番号:1350200141)
 放課後等デイサービス事業(事業所番号:1350200141)
 就労移行支援事業
 一般乗用旅客自動車運送事業
 特定相談支援
 経営コンサルタント業務
 人材派遣・紹介事業
 インターネットを使用しての通信販売業務
 各種海外留学の企画、斡旋、運営及び留学生に対するコンサルティング業務
 決算期  3月
 取引銀行  みずほ銀行  藤沢支店
 昭和信用金庫 京橋支店
 設立  2017年12月
 問い合わせ先  info@triple-heart.jp 問い合わせ
 沿革  2017年12月07日 株式会社トリプル・ハート設立
 2018年04月01日 児童発達支援事業・放課後等デイサービス事業開始


2013年にプレミア・ケア・ジュニア(PCJ)を立ち上げ(7店舗)、前会社を6年間経営してまいりました。
その中で、さらにお子様の可能性、将来の就労を見据え、トレーニングを行いたく、新たに取り組みを開始致します。

その気持ちにさせてくれたのは、アメリカへ短期体験学習に一緒に行ったSさん(当時高校2年生)です。
Sさんは、生まれながら脳室周囲白質軟化症という病気で車いす生活を送っております。

2016年8月、一緒に渡米した時に行った、プールでのトレーニングを現地スタッフが見ていて、声をかけてくれたのがきっかけでした。 君たちのトレーニングを6か月続ければ歩けるようになる、その話を信じ一緒にプールトレーニングを行っております。 その結果、一年経った今ではプールの中で183歩、距離(プール端から端まで)10m、5分以上まで歩けるようになっています。(2017年12月現在)

お子様の可能性を見つけ、そこを伸ばしていくことが、我々療育に携わるものの役割だとさらに気づかされました。

継続は力なりです。
そのためにも無理なく続けられる環境を作り上げることがとっても大切です。


経歴
1990年Thiel大学
1994年全米サッカー選手権優勝 (NAIA)
1995年West Virginia Wesleyan大学卒業 経済学部 経営学科 学士号
1996年株式会社ドリームトレインインターネット(三菱電機インターネットISP)
1999年有限会社ライデック設立
2000年株式会社プレステージ・インターナショナル
2004年株式会社GMOメディアアンドソリューション(現GMOメディア)
2006年株式会社アコーディア・ゴルフ
2011年株式会社トリプル・エース 設立(現株式会社プレミア・ケア)
・プレミア・ケア・ジュニア7店舗(児童発達支援、放課後等デイサービス)、
・プレミア・ケア5店舗(高齢者デイサービス)
2018年株式会社トリプル・ハート設立

他の活動として
2000年-現在
栄陽子留学研究所OG/OB会(理事としてOBの人的ネットワークを構築するため、また現役生の相談窓口として活動)
横浜フリエ・横浜アトレチコにてサッカークラブ(男子サッカー・フットサル、女子サッカー・フットサル、少年少女指導)