本文へスキップ

楽しみながら続けていける療育を行っております。

電話でのお問い合わせはTEL.03-6222-9822

〒104-0041 東京都中央区新富2-2-14 2階

放課後等デイサービスインタビュー

【中央区】児童発達支援・放課後等デイサービス 

事業所名 住所 電話 事業所番号 児童 放課後
トリプル・ハート  新富2−2−14 2階 03-6222-9822 1350200141


今回のジョブチャレンジ(JC)は、中央区にある事業所に訪問し、その事業所のサービス、強みを対談形式でお聞きするというものになっております。今回のインタビューワーは、 Kanon(以下カノン)が担当致しました。

お話を伺ったのは、トリプル・ハート 中村施設管理者(以下なかむらさん)です。


カノン:本日は、お忙しい中お時間を頂きありがとうございます。なかむらさんは、トリプル・ハートで働かれてどのくらいですか?

なかむらさん:ちょうど、3カ月が過ぎました。実は、トリプル・ハートは、2018年4月に開設したばかりの新しい事業所なんです。色々慣れないこともあるのですが、周りのバディさんに助けてもらいながら 頑張っています。

カノン:バディ?って何ですか?

なかむらさん:あ、バディは、仲間です。我々は、スタッフのことをバディ(仲間)と言っています。療育を続けていく上で、チームとなって、我々はバディ(仲間)としてお子様の成長のお手伝いさせて頂いております。

カノン:トリプル・ハートはどんな療育をしているんですか?

なかむらさん:楽しんで続けていける療育を行っております。未就学のお子様には、微細や発声、体幹トレーニング、ビジョントレーニングや、就学に備えた机上トレーニング、挨拶など、個別レッスンでお子様にあったプログラムを カスタマイズでご提供しております。小学生以上の生徒さんには、体を動かすことが楽しくなるダンスや、学校の体育に備えたプログラム、英語でhear(聞いて)、look(見て)、Action(動く)を繰り返して行うさまざまな体験型プログラムを中心に行っております。 また、さまざまなチャレンジプログラムを用意しております。ライフチャレンジ(外出レクリエーション)、ジョブチャレンジ(就労体験)、スポーツチャレンジ、クッキングチャレンジなどがあります。

カノン:先日、新潟に行かれたと聞いたんですが?何しに行かれたんですか?

なかむらさん:ちょっと、新潟県小千谷市(おぢや)へホタルを見に1泊2日で行きました。現地では、バーべQをしたり、公園でサッカー、フリスビー、バトミントン、鬼ごっこなどをして楽しみました。今回、現地でサポートして頂いた知人の高木さんに食事後のホタル観賞、温泉へとエスコートをして頂きました。温泉は、星空の見える素敵なところで、生徒さんと一緒に空を見上げながら楽しくおしゃべりをしながら入りました。

カノン:話を聞いているだけで楽しそうですね!そんなイベントがある、トリプル・ハートに通うためにはどうしたらいいのですか?

なかむらさん:まず、見学のご予約を頂き、実際のレッスンに参加して頂きます。実際、参加して頂いた上で、通所をしたいと思って頂いたときは、申し込みを頂き、その後通所における計画書を作成するための面談を保護者様と行います。また、曜日、時間帯でプログラムが分かれています。





カノン:本日はどうもありがとうございました。

なかむらさん:こちらこそ、色々話を聞いて頂きありがとうございました。楽しかったです。